タイトル
メニュー01
メニュー02
メニュー03
メニュー04
戻る

Last update:2014/9/11

ウォーターサーバーの導入事例

ウォーターサーバーはの利点は使いやすく経済的だということ。
電気代もかからず、あなたの好きな場所に設置することが可能です。

ウォーターサーバーの導入事例の設置場所をご紹介します。

 

○リビングルーム

お家の中のどこでも設置できて手軽に活用できるため、家族みんなが好きな時に気軽に水が飲めます。

○オフィスの一角

会社でわざわざお湯を沸かしたり、水を買う必要がないことや、
急な来客にもすぐにウォーターサーバーでお茶やコーヒーを入れることもできます。

○待合室

お客様に少しでも心地よく過ごしてもらうためや、ウォーターサーバーに紙コップフォルダーなどをつけると
一度に沢山の人が利用できます。

○コーヒーサーバーの横

お湯で気軽にコーヒーがウォーターサーバー入れられるから良い。

○工場・倉庫

ウォーターサーバーは従業員の水分補給からポットのかわりとしても便利です。

○キッチン

手軽でおいしい水は、料理にもピッタリ!おいしくて清潔な水をすぐ利用できるから、お茶、コーヒー、紅茶、
などをすぐいれることができ、時間のない朝でもスムーズにウォーターサーバーが活躍してくれます。

○その他店舗

ヘアーサロン など色々な場所でウォーターサーバーは沢山の人に満足して使っています。

 

ウォーターサーバーの温度

ウォーターサーバーでは、温水と冷水の両方が自動で温度調整されるものと、
任意に調整出来るものがあります。温度が調整出来るタイプのウォーターサーバーであれば、
折角ですからおいしく飲める温度に調整してあげましょう。

温水はコーヒーや紅茶などに主に利用すると思いますが、冷水の場合はそのまま飲むという
利用法が一番多いでしょう。

特に暑い真夏には冷たく冷えた水というのが、清涼飲料水などよりウォーターサーバーは余程
おいしく感じられるものです。
というのは、水に限ったことではありませんが、温度によって人間の感じ方というのは
大きく変わってくるからなのです。

ところで、人間がおいしく感じる水の温度とは一体何度くらいなのでしょうか?
おいしく感じる水の温度というのは、5度〜12度位だといわれています。

当然季節によってや好みによって好きな温度へ調整してよいわけですが、暑い季節は5度に近い温度で、
寒い季節は12度に近い温度で飲むと、よりおいしく飲めると思います。

とはいっても、人間の味覚というのは案外あいまいなもので、常温で飲む水道水はあれほど
おいしくないのですが、温度を10度から15度以下に下げて飲んでみると、
ミネラルウォーターサーバーと比較してもほどんどどちらがおいしいのか区別がつかない
という実験データーさえあります。

注目サイト

Last update:2017/3/10

←前へ

 


Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_4a/script/randlink.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/rbhetsf7/public_html/inc/randlink.php on line 12